水浸しにしてしまった床の一次対応

先日、お客様から床を水浸しにしてしまったと連絡があり対応をしてきましたので、皆様の今後の参考になればと思い共有します。




◆発生状況

洗面台で衣類を手洗いしようと思い水を溜め始めたところで別の作業へ、、




別の作業をして一息ついた時に寝てしまい、その間に洗面台では、衣類が上の排水口を塞いでしまい水がバシャバシャと床に溢れ出てしまいました。

床は、洗面台意外にも廊下にも水が溢れる始末となってしまいました。




また、悲しいことにフローリングでしたら拭き上げで済むところですが、絨毯を敷き詰めてあり、完全に水浸しになってしまいました。

◆対処方法 その1

まずは、当然ですが、水の回収、拭き上げをします。

水気を取りますが、今回のように絨毯が有るとすぐ乾くことがないですよね。




水分と湿度は、カビや微生物が大量に繁殖する原因となります。

ご家庭では、換気を良くする、もしくは、暖房、または冷房を入れ、扇風機等で風を送って乾かす処置は必ず行ってください。

それでも天日干しができない絨毯、そして、絨毯の下が、建築の下地の場合は、取り外しもできないので、そこから微生物が繁殖、カビが生えることは、このままでは避けては通れません。




◆一次対応

拭き上げた絨毯、フローリング、濡れた箇所は、全て、除菌対応をしてください。

除菌剤が無ければ、薬局などで売られているアルコール除菌やエタノールで構いません。

今回は、きよらか日和で除菌をしました。大変万能な除菌剤です!

私たちハウスクリーニングをする中では必須除菌剤なんです!




床の絨毯を本当は完全に外して、全てに除菌剤を噴霧したかったですが、基礎がむき出して、剥がすと取り付けが困難なため、今回は絨毯の上からの噴霧でした。

ただ、この除菌剤の噴霧で2週間は、カビや微生物の侵食を一次対応としては防げます。

ただ、床の基礎が水浸しで、絨毯に隠れているこの環境は、確実にカビ、微生物が発生します。




特に住居されている方で、喘息などある方は、今後のタイミングで、完全な除菌、防カビ施工をお勧めします。

カビや微生物は、目に見えない中でどんどんと侵食をしていきます。




その後、一気に目に見える形でカビが発生して、臭いとともに住みづらい環境になってしまいます。

最終的には、絨毯を取り外し、フローリングに施工をする前に、フローリングを貼る前段階で、基礎に除菌、防カビ施工をすることをお勧めして今回は帰りました。




この施工をしないでフローリングを基礎に取り付けてしまうと床下からじわじわとカビが侵食をしてしまい、また、床を剥がさないと根本的にカビや微生物を除去できなくなってしまいます。




単に見た目は綺麗だと安心せず、水浸しになってしまった時の床などは皆さん本当に気をつけてくださいね。




ご家庭でも床に水をこぼしてしまった時は、除菌の拭き上げは欠かさないようにしてくださいね!




【ランキング参加中】 ぽちっとしてね! ↓↓↓ にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

【お問合せはこちら】↓↓↓

ハウスクリーニングを依頼する

雅エアコン&ハウスクリーニング
TEL 050-3717-9636
携帯 080-7744-9636
お電話受付時間 9時~20時、年中無休
お見積無料
〒350-0272 埼玉県坂戸市末広町9-25
info@miyabiclean.com

  • @miyabi
  • 「きれいになった」の瞬間はどんな時ですか?おそうじのプロ、温泉入浴のプロ、フィットネスのプロとして「きれいになった」の喜びのお手伝いをします。
    埼玉県・東京都のエアコン&ハウスクリーニングのお仕事&20年の現場経験からたどり着いたカビ取り洗剤も販売開始しました!